スポンサーサイト

0
    • 2015.03.07 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    機種変更

    0
      南国の西表島に行く前、2/1から2/3の2泊3日で長男坊と二人で雪国の信州へ行った時のお話です。
      目的は長男坊が全国中学生スケート大会に出場するので案内役です。

      中学生になって難しい年頃でしょうか??最近、家では普通に会話してますが、外では片言の会話だけになります。
      自宅から長野まで電車に乗っている5時間半ほどの時間、ず〜っと、ず〜〜っと、ず〜〜〜っとゲームをし続ける長男坊。

      時間がある時に、やっと連れ出す事に成功し唯一観光出来たのが、善光寺です。
      『先生が行きなさい』おっしゃって下さったおかげですが、...。

      じっくり買い物タイムが欲しかった。

      滞在時間、誰よりも短めの参拝でしたけどね。



      大会会場で男の子同士すぐ仲良くなれるようで、10人位で食事に行ったり、ホテルに戻れば、宿が近いもの同士お風呂行ったりで放置状態で喋る相手がいない僕。

      関東の子が多かったのか?帰る頃には標準語混じりなっておりました。(すごく楽しかったみたいで)
      帰りの電車では、疲れからゲームよりぐっすり寝てました。

      時代なのか?中学生でもスマートフォンが主流だった様で、ガラケーの長男坊だけでLINE交換出来なかった様で、可哀想だったので、1年以上前から却下し続けていたスマートフォンへ2/15に機種変更しました。

      ついでに僕も本日スマートフォンに変更しました。
      メールくれた人ごめんなさい、ややこしくて只今、通話機能以外使用できないので、少々お待ち下さい。
       

      西表島ツアー2015 石垣島編

      0
        関空編から始まり、数々のネタを披露していただいた西表島ツアーも最終章。
        天然キャラ化した先輩方と共に西表島から船で石垣島へ向かいます。

        お酒の飲み過ぎに注意すれば、大丈夫と思っていた僕。

        思わぬ荒波に僕だけ船で酔いました。

        再びレンタカーを借り、観光開始。

        駐車するのもひと苦労な行列店へ


        行列を乗り越えて


        サトウキビを絞り

        ジュースタイム


        石垣島 川平湾(雨)
         
        折れないテンション。

        ベストショット    by 転覆野郎氏


        買い物タイム


        お土産を買い終えて。


        夕食&談笑タイム


        寂しげですが、僕は泣いてません。
        初めて西表島に来られた方には、帰り寂しくなって泣いちゃう人もいらっしゃる様です。

        忘れられない思い出ありがとうございました。
        食事も厳選して貰ったお蔭で美味しく快適に過ごせ、生き物の遭遇率アップと面白すぎるネタ提供の数々も何度も八重山諸島に訪れているトラック野郎氏のお力で御座います。

        また南国の離島に戻り、癒しを記憶とメモリーカードに残せるのが待ち遠しいです。
        写真部に入部するか?わかりませんが、防水カメラは購入する予定です。 
        ※今回、防水カメラがあれば、半泣きでバタ足する●ラック野郎氏の姿を押さえれたのに(笑)

        おわり。

        西表島ツアー2015 遭遇編

        0
          エコツアーを終えたこの日、夕食はなかなか予約が取れないという 「はてるま」にて。

          イイ感じ♪
          オーナーさんが何度も訪れているトラック野郎氏を覚えていました。

          地球儀が置いてあったので、天体の位置を確認するカメラ小僧たち。

          美味しかったです♪

          2日目の夕食を終え、この旅の目的『南十字星』を見るため早朝2時30分に(隣の部屋のカメラ小僧たち起こされ)起床し、島の南に向かいます。

          天候は雨、ダメ元で車を走らす。
          島の南まで行ってが、残念ながら雨雲は切れる事無く、南十字星を観測する事はできなかった。

          雨が降ると天体撮影は難しい状況になってしますのですが、トラック野郎氏の情報によりますと、カエルなどが道に出現し、それを狙って他の生き物も集まってくるとの事。

          路面も濡れだし、情報通りカエルが現れ何かと遭遇できそうな感じへ。

          トラック野郎氏曰く、西表島で出会いたい生物ベスト5に『イリオモテヤマネコ、カンムリワシ、セマルハコカメ、ヤシガニあとアカショウビン』の名前が挙がっていました。     
          ※マルバネクワガタとかウミガメの産卵とか・・・他にもお勧め生物はいっぱい。

          最終日までベスト5と遭遇していない中で、深夜の西表島を車走行中。
          ヤシガニっぽいヤツを道路わきで発見。

          ヤシガニ

          priceless
          すげぇ〜♪(この時期目撃するのは珍しいとの事。)


          起きても雨

          チェックアウト中 お世話になりました。

          石垣島行の船に乗るため、車で走行中道路わきの茂みに白っぽい鳥を発見。


          カンムリワシ(幼鳥)
          興奮して近づく関西人たちに飛び立つも、雨で羽が濡れている為すぐに着陸。



          カンムリワシ(幼鳥)
          こんなに近くで見るカンムリワシは八重島諸島20回訪問のトラック野郎氏も初めてとの事。(すごい事らしい)

          あっ飛んで行きました。
          接近できた事に興奮し、ツーショット写真を撮ろうして逃げられました(笑)

          そのすぐ後に電柱のいる成鳥のカンムリワシも発見(すごい強運らしい)。

          カンムリワシ(成鳥)

          そして、また電柱に数羽連続して出現カンムリワシ達に『カンムリワシもういいわ』と(特別天然記念物を)スルーする一行。

          西表島で見ておきたい生物ベスト5のヤシガニとカンムリワシ遭遇した後、最後にこんな珍生物も発見しました。

          『自ら写真を撮ってくれ〜』と要求するイリオモテTネコ。

          亜種も発見しました。

          イリオモテeguネコ。

          もしイリオモテヤマネコを目撃出来たら、このまま大阪まで帰ってたかも♪

          西表島ツアー2015 エコツアー編 vol.3

          0
            エコツアーだけでvol.3、撮った写真が多すぎてを確認するのも大変(笑)。

            絶景のピナイサーラの滝でまったりした後また、同じルートを通って下り、今度は滝壺へ向かいます。
            運動不足には堪える、滝壺ルートも結構険しい。



            こんな所を進んで。



            着きました。

            良い写真撮れました??

            滝壺でコーヒータイム


            滝壺帰路、トレッキングもあとわずか。

            近づき過ぎたら逃げますよ。

            トビハゼ

            再びカヌーへゴールまであとわずか


            西表島は難破船が、サングラスもこの海のどこかに...。


            命の恩人と共に
            『転覆した人がいるので、経験者ほど十分注意してください』と今後10年、西表島のガイド業界で語り継がれるかも知れない。

            遭遇編に続く。

            西表島ツアー2015 エコツアー編 vol.2

            0
              一旦カヌーを降りトレッキング開始です。

              濡れた衣服絞っています。
              南国とはいえ、手が震えているほど寒かった様です。
              この日は快晴だったので、トレッキングに無事参加出来ました。


              サキシマスオウノキの前で


              険しい道を進み


              キノボリトカゲ発見。


              急斜面はロープを使って登ります。


              転覆ポイントが観てます。
              サングラスとタオル写っていないかな(笑) 結構登ってきました。


              可愛い。
              ピナイサーラの滝までもう少しの所でまた発見!! さっきのトカゲの赤ちゃんかな?!


              赤ちゃんトカゲに驚くGFT氏。

              やっとピナイサーラの滝へ到着

              今度は滝壺にダイブしないでくださいね。


              高っけぇ〜。


              ガイドさんがここで作ってくれます。


              昼食タイムです。


              ピナイサーラの滝でジャンプ

               

              西表島ツアー2015 エコツアー編 vol.1

              0
                西表島ツアー2日目、朝からガイドさんがホテルまでお迎えに来てもらいエコツアーに出発です。




                これ以降、トレッキングポイントに上陸するまでは防水カメラのトラック野郎氏とガイドの金子さんの撮影です。

                西表島10回以上訪れている経験者のトラック野郎氏に『転覆した時はどうしたいいのですか?』と質問する初心者の僕。
                トラック野郎氏『まず、転覆しないので大丈夫 そんなの見たことない』と教えて貰い初心者でも問題なしカヌーで出発です。


                出航のハイポーズ



                優雅にマングローブを進む


                左下の方に見える橋まで行きます。


                強めの追い風だったが長めの距離に結構疲れました。


                ん???
                画像でわかりますか?
                カヌー出発前に転覆する事は無いと言っておられたトラック野郎氏がまさかの転覆です。
                転覆直後『大丈夫』と言ってカヌーに捕まりながら、バタ足するトラック野郎氏。

                大人から大丈夫でしょうと見守っていると風と潮の流れでどんどん流されて行くトラック野郎氏。
                そんなに状況に人口密度がない西表島の橋に7〜8人ギャラリーが集まっています。

                ガイドの金子さんにロープで引いて貰ってからは徐々に岸に近づき出したので、良かったもののガイドさんがいなかったら海上保安庁に連絡されてたかも。

                デジカメの撮影時間の記録をみると岸に上がるまで10分間、泳いでいた模様。

                無事、岸に辿り着きました。<トラック野郎氏より託されたカメラでegu氏が撮影>
                トラック野郎氏すいません 僕は思い出してこの写真で何度も笑ってしまいした。


                再スタートし、こんなとこを通過


                千切れいる年長組


                勝ちました♪


                これよりトレッキングへ あれ? サングラスとタオルはどこに??

                エコツアー編 vol.2へ続く。

                西表島ツアー2015 トラブル編

                0
                  油布島観光を終え、チェックイン
                  ジャンルに囲まれたイイ感じの宿です♪



                  展望デッキ クローバーのじゅうたんに思わず 

                  食事に出かけるまで部屋ゆっくりしていると何やら隣に部屋が騒がしい。
                  どうやらカメラ小僧のegu氏が大事なものを忘れた様子。
                  天体写真を撮影する為に必要なものらしいが、フロントでガムテームを借りて事なきを得る。

                  ガムテープで固定中

                  食事に出かけようとした時、トラブル発生!!
                  なんとレンタカーが故障、ホテルのスタッフに助けて頂くも問題はバッテリーではなくお手上げ状態。


                  予約していた夕食を諦めようとした時、奇跡的の1度だけエンジンがかかりました。

                  ヒーローです


                  KITCHEN inaba

                  夕食後、ホテルに戻るまでの途中、小一時間ほど天文写真の撮影会です。



                  始めはカメラ小僧たちの様子を見守っていましたが、南国とはいっても日が落ちたら少し肌寒い。
                  かつ美味しいものをたくさん頂いて満腹な状態で撮影会は1時間ほど続き、GFT氏と僕はエンジンかけっぱなしの車戻りで仮眠。

                  そんな最長老のGFT氏を叩き起こしして、この態勢を1分間をキープを何度か繰り返し撮った1枚

                  夜空を見上げるオッサンたち。

                  この旅の目的は日本ではこの時期の南の島でしか見られない、南十字星を見る(撮影する)為に企画されております。
                  故にカメラ機材で重い荷物を持って行きピーチ航空で追加料金を支払ったり、カメラ小僧たちが度々登場しております。

                  南十字星を撮影するには深夜2時30分頃起床し、車で島の南の方へ移動する必要があったので、限られた日程しかなかったカメラ小僧たちにとっては、レンタカーの故障は貴重な1日を逃してしまったトラブルなってしまった。

                  そして濃厚な1日が終え2日目の朝を迎える。

                  朝起きると何やら写真部に動きがあったらしい。
                  天文写真を撮る為に夜練までしていたegu氏、早朝4時にこっそり起床し写真の師匠トラック野郎氏に黙ってホテルの展望デッキで撮影を開始、トラック野郎氏もそれを察して遅れて撮影会が始まったそうな。

                  撮影会中、お二人とも流れ星が観れたそうな。
                  なんとその貴重な写真がトラック野郎氏だけキレイに撮れました。

                  我が子たちも絶賛だった1枚 <トラック野郎氏撮影>

                  この写真を見てegu氏の一言。
                  『ええなぁ』
                  ※子供がガチャガチャなので、レアアイテムが出て欲しがるシーンの様に。

                  エコツアー編に続く。

                  西表島ツアー2015 油布島編

                  0
                    西表島で最も観光客が訪れる定番スポットが油布島です。

                    三線奏でる水牛車に揺られながら海を渡ります。

                    徒歩で入ることも可能みたいですが、現在、島自体が亜熱帯植物園になっていて、入園料が必要です。
                    周囲2キロほどの小さな島ですが昔は小中学校があった様です。

                    油布島小中学校の校門跡

                    油布島には蝶々園もあり、蛹が金色のオオゴマダラがわんさか飛んでいます。
                    時には体に止まってくるヤツがいてegu氏の後頭部に止まり、egu氏:『早く写真撮ってくれ〜』って事でパシャ。


                    大阪に帰ってから見るとおかしなワンショット。
                    普通、蝶が後頭部に止まったから撮ってくれ〜とか言わないでしょ(笑)
                    そんな解放的にしてくれる所なんです。


                    オオゴマダラ 黄色なのが蛹

                    蝶々園以外も他の蝶もいます。

                    リュウキュウアサギマダラを狙うカメラ小僧たち

                    このカメラ小僧たち広角レンズを使っている為なのか?望遠があまり利かないみたいで、生き物にやたら近づきます。

                    その為、驚いた貴重生物たちがこの旅で何度逃げっていった事でしょうか。
                    島固有の蝶とかトカゲとかトビハゼとか特別天然記念物のカンムリワシとか・・・。
                    ※失礼しましたカメラ小僧たちではなく、大先輩たちでした。

                    保護されているのか?ここには大きめの鳥(どう見てもクジャク)がいて、それを見つけたもう一人の大先輩GFT氏の一言。

                    『あそこにカンムリワシおるわ』

                    僕はその鳥の後ろ姿を見て、体つきが丸い感じがしてワシぽく無いな〜と思っていると、柵の中にいる大きな鳥が皆が注目した瞬間 カラフルな頭をひょっこり出し、大きめの鳥:『違う違う 僕はワシじゃないよ孔雀だよ』と教えてくれました。

                    残念ながら孔雀の写真はありません。(珍しく無いので)

                    後ろ姿のカンムリワシ(幼鳥)
                    ※最終日に撮ったカンムリワシです。

                    似てるので、普通の猫とイリオモヤマネコと勘違いされる方は結構いると思いますが、孔雀とカンムリワシは間違えません。
                    男前な走りで兄貴分的な大先輩もここでは天然キャラに変えてしまうみたいです。

                    トラブル編に続く。

                    西表島ツアー2015 上陸編

                    0
                      関空⇒新石垣空港⇒タクシー⇒観光船で西表島へと上陸し、レンタカーで移動開始です。

                      西表島は観光用なのか?道沿いに駐車スペースが良く見かけます。
                      ここは何ポイント??って干潟で早速こんな可愛い奴らとご対面♪

                      ミナミコメツキガニ                       

                      カメラ小僧2名
                      この時期、活動的でないので群れで見られるのはポイントを知ってないと難しいかも。
                      ※カメラ小僧はこの旅で度々目撃しました。

                      さらに車で移動中、トラック野郎氏:『ここ能年玲奈ちゃんがロケを行ったポイント』との説明に、僕:『行ってみたいです』という事で、そこに立ち寄る為、駐車場に入ると迷彩柄の車が止まっていました。

                      その車を見て何故か以上にテンションが上がる???トラック野郎氏。
                      如何やら、「水曜どうでしょう」という無謀でそこが面白い旅番組の西表島編でガイドを務めていたロビンソンさんの車だそうです。(レギュラー放送は終了しているらしい)

                      ロビンソンさんはすでにガイド中で不在でしたが、迷彩柄の車で大喜び これ理解できすか???


                      その後、能年ちゃんのロケポイントで談笑中、遠くから近づいて来る人影を見て『あっ ロビンソンさんや』と気づくトラック野郎氏。

                      近づくロビンソンさん

                      僕:『一緒に写真を撮ってもらったらどうですか?』と進める。
                      トラック野郎氏:『え〜それはできへんわ〜』と躊躇
                      僕:『でもこんな機会一生無いかも』の言葉に。
                      トラック野郎氏:『ロビンソンさん 水曜どうでしょうのファンなのですが、一緒に写真お願いしま〜す』と駆け出す。

                      こんな初恋の子が転校して行く前に告白する的な行動って理解できますか???
                      ここはそんな気分させてくれる所なんです。

                      ツーショット写真撮影中

                      まだまだ上陸したばかりで、1日目が終えておりませんが続く。

                      西表島ツアー2015 関空編

                      0
                        おひさしぶりです。
                        2/20〜2/22の2泊3日で西表島に行き、南の島でたっぷり充電出来たくわかぶ山です。
                        しばらくブログをお休みしていた分は時間があればUPしたいと思いますが、西表島ツアーをお楽しみ下さい。


                        参加者はトラック野郎氏、egu氏、GFT氏と私のおっさん4人で行ってきました。

                        私、初めて西表島に行きましたが、頼もしい方々いたので充実した旅となりました。
                        ちなみに今回のツアコンは八重山諸島を10回以上訪れているトラック野郎氏です。(パチパチパチ)

                        ツアコンのトラック野郎氏以外は皆、初ピーチ。
                        関空の第二ターミナルは場所が分かり難い為、集合場所は各自時間指定された電車に乗り込み合流し皆を最速ルートに導いてくださいました。

                        第2ターミナルには送迎バスで向かいます。


                        完璧な誘導で搭乗続きを済ませるトラック野郎氏にGood。

                        企画が決まって以来、西表島でのエコツアーでの服装や、飛行機に乗る際の機内持ち込みない大きな荷物は別料金がかかるから事前教えてください(当日の手続きは割増なので)と完璧なツアコンぶりのトラック野郎氏。

                        しかし今まで無かった測りが・・・。
                        そして『お客様、重量オーバーですので、お荷物をお預けください』的な指示を受けるトラック野郎氏。


                        ピーチは出遅れると混雑して座る場所も無くなるので、いち早く出発ロビーに行きたかったトラック野郎氏もこれにはお手上げだった様です。


                        ピーチで石垣島へ・・・続く。
                        Check

                        calendar
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << August 2016 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM